カウンセラー、たまにはまったり行きましょう


by ivp1vqdtjr
 他店よりも1円でも安く−。新宿戦争、池袋戦争といわれる家電量販店のキャッチフレーズだ。

 十数年前、東京・町田にも量販店の出店ラッシュが始まった。安売りに対抗できる大手でも、家族だけで経営する「パパママショップ」でもない社員40人の「でんかのヤマグチ」の生き残り策は堂々の「高売り宣言」だった。

 社長の山口勉さん(67)は「安くできなくてすみませんという気持ちを徹底的なサービスで埋めるしかなかった」。20万円前後の冷蔵庫やテレビでは3〜4万円の価格差が出るが、それでも売れる。これまでのハイビジョンテレビの販売累計が全国のパナソニック店でトップである。

 「牛乳と砂糖を買ってきて」「植木に水をやって」「重いのでタンス動かして」「わからないからドラマを録画して」。外回りの営業マン17人が御用聞きサービスで「街の便利屋」に徹している。山口さんは「効率は悪いですが、昔の商売のやり方ですね」。ダイレクトメールを出す顧客3万4千人も1万2千人まで絞り、かゆいところに手が届くようにした。

 10代から車に道具を積み「修理はありませんか」と声をかけながら街を回り、23歳で念願の店を構えることができた。50年近くも地域住民とともに育ってきた。顧客の平均年齢は64歳。高齢者社会の時流にも乗った。「配線以外にもこんなことをしてくれるよ」という口コミで毎月100人以上も顧客が増えている。

 他店のチラシを見たことがなく、行ったこともないという。「見たら迷うでしょう。迷ったらだめです。自分が信じる道を突き進む方がいい」。山口さんに今後の目標を尋ねた。「お客さまから留守の間にうちに泊まってといわれることです。そこまで信頼されるようになったら、こんなうれしいことはない」。電器店とは思えない言葉が返ってきた。(将口泰浩)

園田氏「郵政民営化は守る」(産経新聞)
駐車場「優先席」362カ所 高齢者、妊婦ら対象(産経新聞)
5月決着、先送りの可能性=普天間移設で防衛相(時事通信)
緑内障・高眼圧症領域に配合剤が相次ぎ登場(医療介護CBニュース)
J:COMケーブルテレビ回線電話が復旧(産経新聞)
[PR]
# by ivp1vqdtjr | 2010-04-24 09:30
 自民党は夏の参院比例選にプロ野球・巨人前監督の堀内恒夫氏(62)を擁立する方針を固めた。

 堀内氏はV9時代の巨人のエースとして活躍。203勝の成績を残して、引退後の2008年に野球殿堂入りした。堀内氏は21日朝、読売新聞の取材に対し、「自民党から話は来ている。周りにも相談して近く決めたい」と語った。

おじさん犬 警察犬試験に挑戦3度目 実はあがり性(毎日新聞)
橋下新党、経済人の会200人規模の見通し(産経新聞)
強風 東北、北海道で被害 秋田では屋根から転落死も(毎日新聞)
みんなの党、参院選目標10議席以上(読売新聞)
<三浦和義さん>妻が産経などを提訴 名誉棄損で(毎日新聞)
[PR]
# by ivp1vqdtjr | 2010-04-21 17:22
 今回のテーマ「郵政改革案」について、13日までに1502人(男性1275人、女性227人)から回答がありました。「民業圧迫だと思う」と「郵貯、簡保の限度額引き上げはやめるべき」はそれぞれ7割を超え、「正社員を10万人増やすべき」は約1割にとどまりました。

 (1)民業圧迫だと思うか

 YES→78%、NO→22%

 (2)郵貯、簡保の限度額引き上げはやめるべきか

 YES→76%、NO→24%

 (3)正社員を10万人増やすべきか

 YES→17%、NO→83%

 ◯改悪からの軌道修正

 広島・男性自営業(46)「限度額を引き上げることで、正社員としての雇用が確保できることは非常によいことだと思う。政府には、内需を喚起できるような仕組みの構築をお願いしたい」

 神奈川・男性自営業(65)「改悪から軌道修正した法案であり、特に地方の田舎で今後ユニバーサルサービスが受けられるのはよいことだ」

 大阪・男性自営業(33)「上限を上げてもいいが、優遇されている点はすべて排除すべきだ」

 福井・男性団体職員(51)「限度額は上げるも下げるもほかの金融機関と同じであればよい。生保の上限額も同様」

 北海道・男性自営業(68)「貯金限度額は1000万円、保険も1000万円なら亀井提案に賛成だ。2000万円ゆえに民業が圧迫される」

 大分・男性会社員(60)「郵政改革そのものについては賛成だが、今回は改革の後戻り」

 神奈川・男性教師(74)「特に民業圧迫には影響ないと思う。銀行は、あれだけの負債を短期に返済するほどの利益を出した実績がある。雇用の安定とサービスの向上に正社員は仕事への意欲を増すと思う」

 ●亀井大臣の私怨だ

 東京・男性会社員(59)「郵政票を念頭に置いた露骨な参院選対策に憤りを覚える」

 三重・男性会社員(62)「郵政改革案は“改悪案”。郵貯、簡保は、民間と同じ土俵で競争すべきだ」

 福岡・男性教師(49)「限度額引き上げの前に、郵貯・簡保資金が民間に回るようなルートをまず確立すべきだ」

 埼玉・男性会社員(44)「将来構想や財源なき無責任な方針転換は、政府としてあるまじき対応だ」

 北海道・女性会社員(39)「なぜ限度額を上げる必要があるのか。上げた後の資産運用方法は。周りへの影響は。十分な調査も話し合いもないまま即断即決したのが気に入らない」

 富山・男性会社員(63)「総選挙をして決めた郵政民営化案が、少数政党の意見に振り回され、ろくな議論もしないで覆されるのは、民意に沿っていない。亀井大臣の私怨が国政に持ち込まれ、たやすく民主党が受諾したことに全く理念が感じられない」

 石川・男性無職(65)「鳩山政権は一体何をしているのか。国営化に抗議し、(私は)郵便貯金を全額払い戻した。民主政権が崩壊したら再び郵便貯金をしたい」

 【郵政改革案】 ゆうちょ銀行の預入限度額を1000万円から2000万円、かんぽ生命保険は1300万円から2500万円に引き上げる。増大するとみられる郵便貯金や簡易保険の“郵政マネー”の運用は、国債に依存せず、基金を新設して地域活性化に活用する方針だが、無駄な事業の温床と指摘された“悪名高い”財政投融資の復活を懸念する声も根強い。

 さらに、政府の間接出資は事実上の「政府保証」となるため、安心を求める民間からの資金が流入することが予想され、民業を圧迫することは避けられないとみられる。

【関連記事】
“集票マシン”だ!亀井氏、2000万円で100万票ゲット
亀井氏「山崎氏にお願いしていない」 毎日新聞報道を否定
郵政改革法案 「日本経済がけっぷち」元総裁が批判
郵政改革 かんぽ参入に生保各社が危機感
「赤字国債増やすだけ」 中田氏、郵政改革で亀井氏を痛烈批判
外国人地方参政権問題に一石

通天閣ロボ 「一日署長」で犯罪防止に活躍 大阪・浪速署(毎日新聞)
「踏ん張りどころだ」=支持率低下に首相(時事通信)
舛添氏に毅然と対応を=自民総務会長(時事通信)
<公訴時効見直し>参院法務委で改正案可決 連休明け成立へ(毎日新聞)
タイ衝突で死亡の村本さん遺族、バンコクへ出発(読売新聞)
[PR]
# by ivp1vqdtjr | 2010-04-19 20:31
 名張毒ぶどう酒事件の第7次再審請求で、最高裁が名古屋高裁に審理を差し戻したことを受け、奥西勝死刑囚(84)の支援者らが7日午前、差し戻し審を担当する名古屋高検に同死刑囚の釈放を求める要請書を提出した。
 要請書では、奥西死刑囚の釈放のほか、同高検が異議申し立てを取り下げて再審開始を確定させることや、事件当時の供述調書などの証拠開示を求めている。
 提出には支援者18人が集まった。特別面会人の稲生昌三さん(71)は「今すぐにでも奥西さんを釈放してもらいたい」と力を込めた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔用語解説〕「中国の死刑制度」
〔用語解説〕「海外での日本人死刑問題」
〔用語解説〕「中国の死刑制度」
「なぜ差し戻し」「無罪に光」=弁護団、最高裁決定に表情複雑

西部ガス狙い連続発砲か=幹部親族宅にも弾痕、けが人なし−福岡(時事通信)
政府、4党解決案受け入れ=JRに200人の雇用要請−不採用問題決着へ(時事通信)
住宅と物置、双方から出火し2人死亡…長野(読売新聞)
<砂川事件>「跳躍上告検討」など外務省公開文書に協議内容(毎日新聞)
野球仲間が支え血液がん克服、夢かなえ教壇へ(読売新聞)
[PR]
# by ivp1vqdtjr | 2010-04-12 20:12
 アフガニスタンで行方不明になり、平野官房長官が2日、「誘拐」されたとの見方をしめしたジャーナリストの常岡さんは、94年に長崎放送に入社し、記者として活動後、98年に退社してフリージャーナリストとなった。アフガニスタン、チェチェン、イラクなど主にイスラム圏の紛争地帯を取材。帰国した際は各地で、現地の現状報告などを精力的に行っていた。

 過去にも訪問国でトラブルに巻き込まれたことがあった。01年には約5カ月間、グルジアで武装グループに拘束されたほか、04年11月にはロシア南部・イングーシ共和国のナズランで、取材用ビザ(査証)を取得せずに取材活動を行っていたとして現地当局に拘束され、国外追放処分となった。【飯田和樹】

【関連ニュース】
サウジアラビア:テレビで「予言」 レバノン人男性死刑に
ベルギー:「ブルカ」禁止 欧州初、法案成立へ
フランス:ブルカ全面禁止は「違憲」 国務院、首相に伝達
ボスニア・ヘルツェゴビナ:内戦の証し「希望のトンネル」
社説:イラクの7年 戦争から平和の時代に

民主党が「仕分け調査員」を募集 1年生議員対象(産経新聞)
直接支払制度の抜本的改革求める−日産婦学会と産婦人科医会(医療介護CBニュース)
大丸東京店12階から出火、客は避難(読売新聞)
【視点】「赤旗」配布 政治活動規制のあり方問い直す(産経新聞)
空を流れる黄河があった(産経新聞)
[PR]
# by ivp1vqdtjr | 2010-04-07 19:31